犬種情報 トップページ
子犬との生活 子犬の選び方・ドッグスポーツ・グループ別犬種の特徴・あなたに合った愛犬を選ぶ

<子犬の選び方>

まず初めに子犬を選ぶのは色や大きさ見た目などが多いと思います。でも犬も人間と同じくいろんな性格があり苦手や得意があります。それがしつけだけではなく、元々の犬種の性格で分けられています。その中でも悪いほうの影響を大きく受け継いでる犬とそうでもない犬とがいます。それは同じ親から同じ性格の子供が生まれるとは限らないのと同じですね。特に注意したいのは飼い主さんの生活環境に合っているかどうかを犬種で確認していただければ、快適な家族として育っていくと思います。
例えば、飼い主さんが留守の時間が長い場合それが元でストレスになり病気になったり危険行動をしたりする犬種もいます。逆に留守番は大丈夫だけどあまり甘えてこない猫に近い性格の犬もいます。子供やお年よりまた集合住宅なども考慮して探してあげるといいのではないでしょうか?

性別の選び方

オスのほうが飾り毛がある犬種もあり見栄えは綺麗ですが、やはりオスのほうが縄張り意識が強く吠えやすいという点もあります。番犬としては適しています。ただ去勢手術を受けると比較的穏やかになる傾向はあります。
メスは穏やかでやさしい犬が多いのですが、生理の世話が大変だったりもします。さわり心地はメスのほうがやわらかい感じが多いかもしれません。

カラーの選び方

色は好みで選べばいいのですが、流行の犬種については繁殖が散乱している為珍しいカラーより昔からあるカラーの方が丈夫です。目安として鼻や目の周りのラインなどで色素の濃いカラーを選びましょう。

<ドッグスポーツ>

犬のストレス発散や飼い主さんとのコミュニケーションのひとつとしてドッグスポーツを楽しむのもいいかと思います。
猟犬や牧羊犬なんかは元気が有り余っている場合があります。犬種にあったスポーツを一緒に楽しむのも飼い主さんのストレスも解消するのではないでしょうか?

アジリティー

トンネルやボール・ハードルなどさまざまな障害物が置かれたコースを犬と一緒に駆け抜けタイムを競う競技。
(ボーダーコリーなどの牧羊、牧畜犬系・猟犬系の犬種向き)

ドッグマラソン

犬とリードをつけた状態で飼い主さんと一緒に長距離走をしてタイムを競う競技。
(大型犬から小型犬まで走るのが好きでスタミナのある犬種向き)

フィールドトライアル

河川敷などに放鳥した獲物を犬に探させ見つけた回数や飼い主に知らせるときの姿勢を競う競技。
(イングリッシュポインターなどの鳥猟犬系の犬種向き)

シープドッグトライアル

定められた時間内にどれだけの羊をより性格に誘導できるかを競う競技。< br> (ボーダーコリーなどの牧羊犬として活躍する犬種向き)

ディスクドッグ

飼い主が投げたディスクを犬にキャッチさせて姿勢や距離などをポイントで競う競技。
(ボーダーコリーなどの牧羊、牧畜犬系・猟犬系の犬種向き)

ルアーコーシング

電動で動くナイロン線の先にルアーをつけて引っ張り犬に追いかけさせタイムを競う競技。
(ボルゾイなどの猟犬系の犬種向き)

ウォータートライアル

湖などで行われるダミーの水難者をボートや岸まで運ぶなど。水難救助の技術を競う競技。
(ニューファンドランドなど作業犬のなかのウォータードッグ向き)

<グループ別犬種の特徴>

猫と違って犬は様々な大きさがあります。チワワのような小さいものから、グレートピレニーズのように大きなものまで・・。それは人間が交配をくり返し狩用や牧羊や運搬用に改良し体型や性格・能力が固定化されてきたからです。それぞれの犬種に特徴があるのはその為です。今から犬を飼おうと思っている方・今飼われている方はその性格を知ることでより快適な関係を築けます。今から飼おうと思っている方は飼い主さんの性格や今の環境にあった犬種の中から選ぶといいかもしれませんね☆

牧畜羊犬

広い視野にたって牛や羊の群れ全体を捉え、決められた方向に誘導することができます。活発で運動量が多い犬種です。誘導は吠えて誘導したり吠えなくても誘導することができる犬種なんかもいますのでまったく同じ性格と言う訳ではありません。

ウエルシュコーギー・ペンブローク
コリー
シェットランド・シープドッグ
ジャーマン・シェパード・ドッグ
ボーダー・コリーなど

山岳使役犬

超大型犬で作業が好きな犬種です。中には小型犬もいますが、いずれも活発で陽気な性格です。かなり甘えたな犬種なんかもいますのでよきパートナーにもなれますよ。

グレート・ピレニーズ
ドーベルマン
バーニーズ・マウンテン・ドッグ
ブルドッグ
ミニチュア・シュナウザーなど

小獣猟犬

土を掘ってキツネやネズミなどの狩猟をする活発な気の強い猟犬です。
褒められるのが大好きな性格な犬種が比較的多いですね。

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
エアデール・テリア
ヨークシャー・テリアなど

アナグマ猟犬

アナグマ狩りをするために短足胴長につくられました。元々はもっと大きな体でした。自立心が強く敏捿に動きます。

ミニチュア・ダックスフンドなど

北方祖先犬

まっすぐ立った耳、ふさふさした尾をもつ狼に近い犬種です。犬同士の連携は苦手です。飼い主さんには忠誠心が強い犬種が多いですね。

柴犬
シベリアン・ハスキー
日本スピッツ
ポメラニアンなど

嗅覚獣猟犬

鋭い嗅覚でキツネなどの足跡や匂いをかぎ分けて。集団で猟をします。

バセット・ハウンド
ビーグルなど

指示鳥猟犬

獲物を発見すると、その位置をポイントに姿勢で教えます。
自立心が薄く活発で遊び好き。

アイリッシュセターなど

回収鳥猟犬

撃ち落した鳥ややぶや水中の中に入って回収してきます。獲物を優しく扱うのが得意な犬種です。

アメリカン・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
ゴールデン・レトリバー
フラット・コーテッド・レトリバー
ラブラドール・レトリバーなど

視覚獣猟犬

遠くにいる獲物を優れた視覚で発見し、猛スピードで追いかけます。スマートな体型です。

アフガン・ハウンドなど

愛玩犬

小型でかわいらしい、いつも人間のそばにいるコンパニオン・ドッグです。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
シー・ズー
ダルメシアン
チワワ
狆(チン)
トイ・プードル
パグ
パピヨン
フレンチ・ブルドッグ
ペキニーズ
ボストン・テリア
マルチーズなど

<あなたに合った愛犬を選ぶ>

犬を飼いたいけどどの犬種を選んでいいかわからない・子供がいるし・老後に犬と有意義な生活といろんな思いや生活があります。それに合った犬種を一部載せています。参考にしてみてください。

初めての人でも飼いやすい犬

ミニチュア・ダックスフンド
ビーグル
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
パグ
フラッテット・コーテッド・レトリバー

子供と仲良くできる犬

ゴールデン・レトリバー
パピヨン
ペキニーズ
ボストン・テリア
グレート・ピレニーズ

独り暮らしで飼える犬

チワワ
シー・ズー
ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
狆(ちん)

お年寄りにも飼いやすい犬

ポメラニアン
マルチーズ
ヨークシャー・テリア
フレンチ・ブルドッグ
バセット・ハウンド

ドッグスポーツを楽しむ犬

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
シェットランド・シープドッグ
ボーダー・コリー
ダルメシアン
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

被毛の美しさを楽しむ犬

アメリカン・コッカー・スパニエル
ミニチュア・シュナウザー
日本スピッツ
アイリッシュ・セター
アフガン・ハウンド

訓練をするとさらに魅力が増す犬

ラブラドール・レトリバー
トイ・プードル
ジャーマン・シェパード・ドッグ
コリー
エラデール・テリア

我が家をガードしてくれる犬

柴犬
バーニーズ・マウンテン・ドッグ
ブルドッグ
ドーベルマン
シベリアン・ハスキー,br>