空輸について

数ある中からpuppy wold 大阪高石店を観覧いただき誠にありがとうございます。
ここでは子犬がお家に到着してからの注意点などをお話しております。
子犬は環境がかわり家族になられる皆様を観察しております。やさしく分かりやすいルールを決めてあげてください!


お家に到着しましたら初めにシートの上に連れて行きトイレをさせてください。
その後お水や食事を上げてください。
食事は緊張や疲れのあまり食べない子もおります。
その場合フードに犬用粉ミルクをかけてあげてミルクだけでも飲んでくれれば栄養的には大丈夫です。
フードを食べない場合翌日にはしっかり食べてくれるかと思います。
子犬は当日はストレスで疲れておりますのでゆっくり寝かせてあげてください。
初めは鳴いたりしますが静かにしていると15分ほどで寝てくれると思います。(がんばる子は1時間ぐらい鳴く子もいます)
初めに鳴いているからとゲージから出したり構ってしまうと鳴き癖がついて子犬もストレスを多く抱えてしまいます。
ご家族でもストレスになるかと思いますので当日は構わず静かに寝かせてあげるのが子犬にとっても飼い主様にとっても一番いい方法です。
(鳴くと出してくれると執着してしまう前にゲージの中は落ち着くと理解するとお留守番もストレスになりにくいです。)



子犬は初めての環境に戸惑っております。
ですので出来るだけ早く子犬が落ち着く場所だと教えてあげる事が大事です。
かわいくて抱いていたい気持ちは少し抑えてゲージで出来るだけ長く生活をさせ自分の安心できる場所だと教えてあげましょう。
子犬は広い場所だとどこが自分の場所だか分からずストレスが長く続いてしまいます。(環境の変化と重なって体調が悪い時期が長くなります)
ですので早く環境に慣れさせるためにもゲージの中に基本は生活させてあげてください。
環境に早く慣れさせるためにもご家族で少しルールを決めていただき、例えば「食事の後便をしたらゲージからだし遊んであげる」などをしてあげるとトイレの覚えも早くなり
決まったルールがあることで子犬も環境に慣れやすくストレスがかかりにくいのです。
犬は新しいことは苦手な生き物です。フードなどもいきなり新しく変えると便がゆるくなったりもしますので初めは食べていたフードを食べさせ少しずつ切り替えていくようにご注意ください。



トイレは生後4ヶ月ぐらいまでは失敗はあります。
犬種によってはもっと長くなる場合もあります。
一度場所を決めたら変えない方が覚えやすいですね。
トイレの場所を変える場合はまた初めからになりますので少し時間がかかります。(犬は場所と臭いでトイレを覚えます)


トイレを覚える生後4ヶ月ぐらいまではゲージで生活をさせてください。 その後トイレを覚え、子犬もしっかり家族の一員になればゲージでなくても大丈夫です。 もしゲージで生活をさせないのであれば、今まで使っていたゲージはトイレ専用にしてあげましょう。 ゲージ無しで生活する場合でも、子犬のお気に入りの場所は決めてあげてくださいね。